恋愛のコツ

知って損はない!職場以外で出会いを見つけるために試すべき3つの方法

知って損はない!職場以外で出会いを見つけるために試すべき3つの方法

うちの職場、彼女候補になりそうな人はいないんだよな、、、

職場以外で出会いを見つけるにはどうしたらいいんだろう!?

職場には好みの男性はいないし、全然出会いがない!

どこで彼氏を探したらいいの!?

こんなふうに思っていませんか?

実は職場は、「もっとも出会いのきっかけが掴みやすい場所」って知っていますか?

以下のデータを見ても分かるように、職場の同僚や先輩、後輩が彼氏や彼女になるケースは、とっても多いんです。

現在の彼(彼女)との出会いは何がきっかけでしたか?

  1. 職場の同僚・先輩・後輩 24.1%
  2. 友人・知人の紹介 19.6%
  3. 学校の同級生・先輩・後輩 16.1%
  4. インターネット 9.7%
  5. 部活(クラブ・サークル)が一緒 7.7%
  6. 合コン 7.2%
  7. イベント 4.6%
  8. ナンパ 1.9%
  9. 旅行先 1.6%
  10. お見合い 1.6%

引用元:Anniversaireより引用 http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report09.html

社会人になってから相手を探す場合、職場恋愛を経て結婚、というケースがかなり多いんですね。

なので、職場で全く出会いがないのは、恋愛をしたい社会人にとっては結構厳しい状況だったりします。

 

とは言え、職場以外には出会いのチャンスがないわけではありません。

大切なことは、自分から積極的に行動すること。

 

このページでは、職場以外で出会いを見つけるために試してほしい3つの方法をお話します。

休みの日や会社終わり、スキマ時間などを使って、出会いのチャンスを広げましょう!

職場以外で出会いを見つけるには「友だちや知り合いの紹介を頼ってみる」

まずは、職場以外でもっとも出会いのきっかけ率が高い「友人・知人の紹介」に目を向けてみてください。

職場以外で出会いを見つけるには、新しい人脈を広げる必要がありますよね。

でもそれって、社会人にとっては簡単なようで難しいはずです。

  • 仕事が忙しくてなかなか時間が取れない
  • そもそもどこに出会いがあるかわからない
  • 休みの日はついダラダラしてしまう

こんな感じで、なかなか新しい人脈は広がらないのではないでしょうか。

 

そんなときに頼りになるのが、友だちや知人の人脈です。

あなたの周りには出会いのチャンスがなくても、友だちの友だちだったり、知人の友人の兄、、、というように対象を広げれば、「彼氏募集中」「彼女募集中」の異性は案外たくさんいるものです。

ぼくの周りは、友だち紹介で付き合っているカップルが1番多いです。

 

なので、まずは今のあなたの人脈を総動員して、友人や知人に紹介を頼んでみましょう。

 

ただ、もしかすると、

紹介なら頼んだことがあるけど、全然音沙汰なしなんだけど、、、

という人もいるかもしれません。

 

実は、友人や知人に紹介を頼むときはコツがあります。

それは、

  • なるべく直接相手と会って話すこと
  • ランチをおごったりコーヒー1杯でもごちそうすること

この2つです。

 

人は、「返報性の原理」と言って、なにかをしてもらったら、お返しをしないといけないという気持ちが働きます。

つまり、ランチやコーヒー1杯をごちそうしたほうが、相手は真剣に紹介相手を探してくれる確率が高いんです。

 

また、LINEなどで紹介を頼んでも、相手はすぐに忘れてしまうものですし、「いきなりなんだよ」と思われるかもしれないので、直接会ったほうが効果的です。

運任せな部分もありますが、職場以外で出会いを見つける方法としてはもっともハードルが低いと言えるので、ぜひトライしてみてくださいね。

職場以外で出会いを見つけるには「好きなことや興味があることに注目する」

ところで、どうして職場は恋愛のきっかけの割合が高いのでしょうか。

それは、繰り返し誰かと接する機会が多いと、好意を抱きやすくなったり、好印象を持ちやすくなったりする「単純接触効果(ザイアンスの法則)」が働くからだと言えます。

単純接触効果について

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。

引用元:wikipediaより

この法則を知っておくと、職場以外の出会いを求めるときに役立つんです。

 

つまり、職場以外で定期的に通う場所、誰かと会う機会を作っておくと、出会いのチャンスを広げるのはもちろん、恋愛の可能性を高めることになるんです。

 

そこでおすすめしたいのが、あなたの好きなことや興味があることを軸にして職場以外の通う場所をつくる方法です。

例えば、

  • 海外ドラマや洋楽が好きなら英会話スクールに通ってみる
  • 運動やスポーツが好きならジムに通ってみる
  • 写真に興味があるならカメラ好きのコミュニティーに参加してみる

など、異性も集まる場ならなんでもOKです。

 

どうしておすすめなのかというと、好きなことや興味が一緒だと、例え知らない間柄でも、打ち解けるのが早く話題も尽きないからです。

 

また、あなたの素の良さが伝わりやすく、相手の素の良さも感じやすいので、もっとも自然な「出会い方」だとも言えます。

もちろん、必ず出会いのチャンスがあるとは言えませんが、恋愛の可能性を大きく広げるには、職場以外で人脈を広げることがとても大切です。

がんばって行動範囲が広げた先に、未来の彼氏・彼女がいるかもしれませんよ。

職場以外で出会いを見つけるには「ネットを使ってチャンスを広げる」

職場以外で手っ取り早く出会いのチャンスを広げるには、やはりネットを使うのが1番おすすめです。

とくに、マッチングアプリ系のサービスを使えば、すぐにでも「彼氏候補」「彼女候補」を見つけることができるので、試してみる価値はあります。

 

なぜなら、

  • 目的が一緒(出会いを求めている男女が集まっている)なので相手が見つかりやすい
  • 自分の好みにあった異性と出会える

からです。

 

マッチングアプリを使っている男女は、そもそも出会いを求めているので目的がはっきりしていますし、相手のプロフィールを検索できるので、自分に合う相手を探しやすいです。

 

もしかしたら、「ネットの出会いはなんとなく抵抗がある」「出会い系って遊びの人ばかりでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、最初にご紹介したデータを見てもわかるように、

【あなたはパートナーとどこで出会いましたか。】

  1. 職場 27.7%
  2. 友人の紹介 20.5%
  3. インターネット 9.2%
  4. 専門学校・大学・大学院 9.0%
  5. コンパ(街コン等含む) 7.2%

出典元:アイヴェルセル

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国23歳~39歳 既婚男女600名
  • 調査期間:2016年3月18日~3月23日

 

職場、友人の紹介、学校の同級生・先輩・後輩に次いで、インターネットを通じた出会っている人は多いんです。

合コンや出会いイベントよりも、ネットの出会いのほうが一般的なんですね。

 

もちろん、なかにはヤリ目や遊びの人もいますが、しっかりサービスを選んで、メッセージのやりとりを慎重にすれば心配する必要はありません。

せっかくステキな出会いがあるかもしれないのに、マッチングアプリを使わないのは損です。

まずは、運営元がしっかりしているサービスを選んで使ってみると良いですよ。