恋愛の悩み

「好きってどういうこと?」誰が好きかわからないときの対処法

恋愛はしたいけど誰が好きかわからないあなたへ

「恋愛はしたいけど、「好き」って気持ちが正直よくわからない。。。

わたしって誰が好きなんだろう」

「彼女はほしいけど、好きな人が誰なのかわからないんだよな

どうしたらいい!?」

この記事を読んでいるということは、誰が好きなのかわからない!と悩んでいるのではないでしょうか?

彼氏や彼女はほしいけど、肝心の「好きな人像」がボンヤリしている、、、

これじゃあ恋愛も先に進みませんよね。

 

そこでこのページでは、誰が好きなのかわからないときにチェックしてほしい4つのポイントをまとめてみました。

「好きってどういうこと!?」と迷っていたら、参考にしてみてくださいね。

[ad#ad-1]

気がつくとその人のことを考えているか誰が好きかわからないなら

誰が好きかわからないなら、

  • 気がつくとその人のことを考えている
  • しばらく会えないと寂しくなる
  • その人といると素でいられる

まずはこんな感情たちに注目してみるのがおすすめです。

なぜなら、はっきり「好き」と感じられなくても、心の奥底では好意をもっている可能性が高いからです。

 

ここで少し考えてほしいのですが、きっとあなたも、好きな食べ物や好きなブランド、好きな映画など「好きなこと」はありますよね。

誰が好きかはわからなくても、何かを好きになったことはあるはずです。

 

例えば、大好きなブランドを思い浮かべてください。

  • 気がつけばスマホで新作のコレクションをチェックしている
  • しばらくお店にいかないと気になって仕方なくなる
  • そのブランドを身につけていると自分らしさを感じる

こんなこと、ありませんか?

 

人を好きになるのも一緒です。

気がつくとその人のことが頭に浮かんだり、会えないと寂しさや違和感を感じたり、一緒にいると自分らしくいられたり、感情を揺さぶられるのが「好き」という感情です。

なので、自分の感情を揺さぶる人は要チェックかもしれませんね。

[ad#ad-1]

誰が好きかわからないときは「好き」ではなく「嫉妬」に注目する

もうひとつ「好き」という気持ちに気づくための感情が、嫉妬です。

誰が好きかわからないときは、”好き”という感情にばかりフォーカスしても、ますますよくわからなくなってしまうものです。

 

そんなときは、逆転の発想をしてみましょう。

例えば、ある異性が自分以外の同性と仲良く会話をしています。

その光景に対して、なにも感じないなら、その異性に特別な感情(好き)はないかもしれませんが、

もしも、

  • なぜかとてもイラッとする
  • どんな話をしているか心配になる

こんな嫉妬を感じるなら、その異性には特別な感情(好きという気持ち)があるのかもしれません。

 

誰が好きかわからないと、”好き”という気持ちに自信をもつのは難しいですよね。

でも、”嫉妬”という感情だったら、素直に感じることができるはずです。

 

ですから、「最近自分は嫉妬を感じていないかな?」とチェックしてみると良いかもしれません。

[ad#ad-1]

感動を伝えたいのは誰!?誰が好きかわからないときは共感ポイントに注目

突然ですが、恋愛をするときに大切なことって何だと思いますか?

人それぞれいろいろな答えがあって良いのですが、

  • 共感するポイントが一緒
  • 価値観が一緒

というのはとても大切ではないでしょうか。

 

自分の考えをわかってもらえなければ一緒にいても悲しいだけだし、価値観が合わないと長く付き合えませんよね。

逆に、共感ポイントが一緒なら毎日楽しいですし、価値観が合えば多少ピンチが訪れても2人で乗り越えていけたりします。

 

そんなことを考えると、好きな人がわからないときは「自分が感動したことを伝えたくなる人」を探すことが大切かもしれません。

例えば、

  • 映画を見て号泣、この感動を◯◯くんに伝えたい
  • 美味しい洋食屋さんを発見、◯◯さんにも紹介したい

こんなふうに、自分の感動を1番に伝えたいと思う人は誰でしょうか?

「好き」という気持ちは、考え出すと難しいですが、本来はとっても自然にあふれ出てくるものです。

今度なにかで感動したときは、「この気持ちを誰に伝えたいだろう?」と考えてみると良いですよ。

[ad#ad-1]

足りないのは出会いの数?誰が好きかわからないときこそ出会いを増やそう

最後にチェックしたいのが、「出会いの数が足りているのか?」ということです。

 

そもそも、誰が好きかわからないのは、”好き”と感じる対象にまだ出会っていないから、という可能性が十分にあります。

なので、もしも、限られた異性のなかで、

「いったい私は誰が好きなんだろう!?」

と悩んでいるなら、出会いの数を増やすことが大切。

「好きってどういうこと!?」と考えるよりも、積極的に出会いを求めれば答えが見つかるかもしれません。

 

また、”好き”という気持ちは、そもそもハッキリしない感情です。

どうして彼(彼女)が好きなの?と聞かれて、「頭がいいから好き」「やさしいから好き」と即答できる人もいるかもしれませんが、大抵は一言では答えられないものです。(その存在自体が好きというか…)

頭で考えれば考えるほどよくわからなくなるのが”好き”という気持ちです。

考えすぎるのを止めて、出会いの数を増やしてみるのも大切なことではないでしょうか。

[ad#ad-1]