彼女ができない

彼女ができない理由はここにある!女性が離れていく7つのポイント

彼女ができない理由はここにある!女性が離れていく7つのポイントの画像
どうして彼女ができないんだろう。。。

全然理由がわからない

こんなふうに悩んでいませんか?

そこそこがんばってるつもりなのに彼女が出来る気配はゼロ。それどころか出会いもない、、、不安になりますよね。

実はぼくも、学生時代はずっと、彼女ができない典型的な非モテ男子でした。

「これじゃあダメだ、一生女の子と縁のない人生で終わる」と思い一念発起、ネット恋活を駆使し、彼女を切らさない男になりました。

そんな経験をして思うのは、彼女ができない理由は次の7つのポイントが関係しているということです。

  • 清潔感
  • 経済力
  • 友達
  • 人としての魅力
  • 君だけ感
  • 視野
  • 積極性

この7つのポイントを1つずつ改善していけば、彼女ができる可能性はグンとアップします。

というわけで、ポイントを詳しく解説&改善方法をお伝えしていきます!

彼女ができない理由「清潔感に問題がある」

子供のころ、「人を見た目で判断してはいけないよ」と親に教えられませんでしたか?

例えば、怖そうなヤンキー風のお兄ちゃんが、話してみると「めっちゃ腰が低かった」なんてこともあるので、これは完全に間違いではありません。

 

しかし、恋愛に関して言えば、女性は9割型見た目で男性のことを判断します。

もっと言えば、「かっこいい・イケメン=好印象」という単純な話ではなく、女性が注目しているのは「清潔感」

  • 髪の毛がボサボサ
  • フケが肩についている
  • 鼻毛やヒゲが伸び放題
  • 不潔な感じがする
  • 服がヨレヨレで汚い

こんなふうに、清潔感がない男性は第一印象でサヨナラなんですね。

 

実は、彼女ができない理由がわからない男性は、清潔感に問題があることが多いです。

 

「え、俺は清潔感は気にかけているよ?」と思っていても、

  • 間違ったファッションをしている
  • 香水を振りすぎてニオイがきつい
  • 決めすぎて逆に不自然

このように逆の意味で女性を遠ざけているケースもあるからなんです。

 

ぼくは学生時代、とんがったファッションで女性を引かせたり、香水の振り過ぎが原因でデートした女の子が具合を悪くして帰ったこともあります。

今考えると、なんであんなことをしてたのか自分が呆れます。

 

こうならないためには、仲の良い友人に自分の清潔感や見た目をチェックしてもらうのが一番。

自分のことはよくわからないものなので、他人の意見に耳を傾けて、見た目で好かれる男になりましょう。

彼女ができない理由「ケチすぎる」

「お金持ちだったら彼女ができるのにな」こんなふうに思っている男性は多いかもしれませんが、ぼくは必ずしもそうとは言えないと思います。

だって、貧乏なバンドマンにかわいい彼女がいたり、売れない芸人にも素敵な奥さんがいたりするからです。

お金のあるなしが、恋愛の全てではないと思います。

 

ただし、お金にケチな男性は、女性にむっちゃ嫌われます。

 

例えば、「割り勘を1円単位で要求してくる」「絶対に自分はお金で損をしたくない」こんな人は、男性からしてもめんどくさいですよね。

女性にしてみたら、「デートなら、ごはんごちそうしてもらえたら嬉しいな」ぐらいはみんな思っているので、お金にケチな男性を見たら幻滅です。

 

とは言え、女性には絶対ごはんをごちそうしろと言いたいわけではないですし、女性の財布になる必要もありません。

 

でも、女性の前で「お金の心配をさせるような振る舞いをするとマイナスになる」ということは、頭に入れときましょう。

 

もしかして自分はケチかも!?と思った男性は、「人にお金を使えば、めぐりめぐって自分に返ってくる」と思いましょう!

お金を使って女性が喜べば、その分は必ずどこかで返ってくるはずです。

彼女ができない理由「友達とつるみすぎ」

ぼくは学生時代、なんだかんだで男友達とばかりつるんでいました。

彼女がほしいほしい言いながら、女の子をデートに誘うわけでもなく、コンパに積極的に参加するわけでもなく、男友達とゲームをしたりドライブに行って過ごしていたんですよね。

そんな生活をしていたら、彼女ができるわけがありません。

彼女ができない理由は、友達とつるみすぎることにあると思います。

 

もちろん友人は大切な存在です。

下手したら、彼女より絆が強かったりします。

 

でも、男友達とだけつるんでいたら、いつまで経っても女の子の気持ちを理解できないですし、そもそもデートに行くチャンスも訪れません。

 

それに、彼女がいない男が集まってしまうと、変な連帯感も生まれます。

「彼女がいなくても別にいいや」的な、おかしな安心感が芽生えるんです。

これが非常にやっかい。

そこに留まり続けたら、本当に一生彼女ができなくなってしまいます。

 

なので、彼女をつくるための時間を意識的に作って、

  • 友達とつるむ日
  • 彼女をつくるための日

をきっちり分けるといいですね。

 

彼女をつくるための日は、女の子をデートに誘ったり飲み会に行ったり、ネットで恋活をするなどしましょう。

 

ぼくは、社会人になってからは意識的に「女性との出会いを増やす時間」を作っていました。

休みの日は、マッチングサイトで一日中アプローチをしまくっていたこともあります。

そんな努力をしたから、彼女を切らさなくなった今があると思います。

彼女がほしいなら、男友達とつるむ頻度を減らす努力も必要ですよ。

彼女ができない理由「君だけ感がかけている」

ぼくが学生時代に女性からよく言われていたこと、それは「◯◯くんっていい人だよね。」。

つまり、いい人止まりの男だったんです。

悪い人よりは良い人のほうが嬉しいですが、毒にも薬にもならない「良い人」って、実は彼女ができない大きな理由なんですよね、、、きっと心当たりがある人は多いと思います。

そこでチェックしてほしいのが、女性みんなに優しくしていないかということです。

 

「良い人」は、気になる女性にも気にならない女性にも、はたまた男性にも、とにかく「いいやつ」として接することが多いです。

それはそれですばらしいですが、彼女がほしいなら、「君だけだよ」というオーラを出すことが大切です。

 

女性は「男性には自分だけ優しくしてもらいたい」という願望を持っています。

「あ、わたしだけ荷物を持ってくれるんだ」

「へえ〜私だけランチをおごってくれるんだ」

「お土産もらったのって、もしかしてわたしだけ!?」

こんなふうに、自分だけ特別扱いされることに快感を覚えます。

 

なので、「俺って自分は良い人止まりの男かも」と思ったら、「君だけ感」を意識して女性と接してみてください。

第一印象で嫌われていない限り、君だけ感を出せば、女性は「もしかして私のこと気になってるかも」と意識してくれるはずです。

彼女ができない理由「視野がせまい」

「彼女ができない理由がわからない!こんなふうに考えている男性は、視野が狭いケースが多いです。

こんなふうに、自分で自分に制限をかけていることが多いんじゃないでしょうか。

ぼくの学生時代がまさにそんな感じで、彼女ができない理由を環境や周りのせいにしていました。

 

でも、世の中を見渡せば、美女と野獣カップルは珍しくないですし、男だけの職場でも彼女を切らさず遊びまくっている男性もいます。

かと思えば、イケメンなのに「彼女がいない」と虚ろな顔で悩んでいるメンズもいます。

 

視野を広めれば、自分が考えていた彼女ができない理由が、実は全くの虚像だったりします。

大切にしたいのは、自分で自分に制限をかけないこと。

彼女ができない理由を環境や周りのせいにしてるなと思ったらぜひチェックしてみてください。

彼女ができない理由「人としての魅力が欠けている」

先ほど、お金のあるなしが恋愛の全てではない、貧乏なバンドマンにかわいい彼女がいたり、売れない芸人にも素敵な奥さんがいたりする、とお話ししました。

じゃあどうしてお金がなくても彼らは彼女ができるかというと、人としての魅力があるからです。

  • やりたいことがある人
  • 夢がある人
  • 将来性がある人

要するに輝いている人はお金がなかったとしてもモテます。

逆に言えば、やりたいこともなく夢もない男性は、女性からすれば魅力がない男です。

貧乏なバンドマンでも彼女ができるのは、夢に向かって突き進む輝きのおかげなんですね。

 

女性は母性本能が強いので、「この人のことを応援したい(助けたい・力になりたい)」という思いから、恋に進展するケースもあります。

彼女が出来ない理由は、人としての魅力が欠けている部分にあるかもしれません。

  • 自分の好きなこと
  • 仕事
  • 習い事

なんでもいいので、なにかに向かって輝く努力をしてみましょう。

彼女ができない理由「積極性が欠けている」

ぼくが考える彼女ができない最大の理由、それは積極性が欠けていることです。

思い返せば「彼女ができない」と悩んでいた学生時代のぼくは、女性に対して超がつくほど消極的でした。

女性と話すのが苦手なので、

  • デートもろくに誘えない
  • 合コンにも参加できない
  • 女の子の前では無口になる

ほんとにダメダメな男でした。

「彼女がほしいけど女性は苦手」という矛盾した気持ちを吹っ切れないまま青春時代は過ぎ去ったので、むちゃくちゃもったいないことをしたなーと思います。

 

そこで思うのは、ガラリと性格を変えることはできなくても、ほんの1ミリでも積極的な行動を積み重ねれば自然に人は変わっていくということです。

 

ぼくの場合、社会人になって「一生非モテのままは嫌だ」と思ったことをきっかけにネット恋活をはじめ、今では彼女を切らすこともなくなりました。

 

でも、「PCMAX」という出会いのサービスを使い、勇気を出して女の子に送ったメッセージがすべての始まりでした。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

「あ、俺でも普通に女の子と出会えるんじゃん」

1ミリ前に進んだことで、「ずっと非モテだったとしても、ネット恋活なら女性と出会うチャンスはいくらでもある!」と思えたわけです。

あとは、その繰り返しで自信もつくし、自然に積極的になっています。

 

なので、積極的になれないという男性は、1ミリでも前に進むことを意識してみてください。

ネット恋活は、出会うチャンスがたくさんなのでチャレンジしてみると良いですね。

 

もしかするとネット系の出会いは、

サクラが多いんじゃないの?

イメージ悪くない!?

と思う人もいるかもしれませんが、それは一昔前の話です。

きちんとサービスを選べば、スマホ一台で出会えて、デートをしたり彼女をつくることだって出来ます。

 

PCMAXは、会員登録は無料、女性は無料ですが、男性は女性にメッセージを送るたびにポイントを消費するシステム(ポイントが有料)です。(個人差はあると思いますが、だいたい月に3000円〜4000円くらいあれば十分出会えるはずです。)

男性はお金がかかりますが、その分出会いを積極的に求めている人が多いですし、運営もきちんとしているので安心です。

無料のマッチングサービスを使うよりも断然満足度は高いです。

出会いの可能性がグッと広がるので試してみてくださいね。

⇒PCMAX公式サイトをチェックする(R18)