悩み

この仕事面倒くさい…を解決する2つの簡単な方法

この仕事面倒くさい…を解決する2つの簡単な方法

[char no=8 char=”男性腕組み左”]来週までにこの仕事を終わらせないといけないのに、
全く手をつけていない…面倒くさいな…[/char]

[char no=2 char=”女性悩み左”]頼まれごとがあるけど、面倒くさいから
そういえばやってない。。。どうしよう!?[/char]

人間なら誰しも「面倒くさい」を理由に、
仕事や頼まれごと、やらなくてはいけないことを先延ばしにすることがありますよね。

 

先延ばしにすればするほど、とりかかるのが面倒くさくなって、
期限や締め切り間近になってようやく重い腰を上げる。。。こんな経験あるのではないでしょうか。

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • 仕事に向かうつもりが面倒くさくてネットサーフィンしてしまう
  • 頼まれごとをやるつもりが面倒くさくて寄り道してしまう

[/su_list]

など、面倒くさいことを避けようと意味のない行動をとってしまうのです。

 

それでも、間に合えばオーケーかもしれませんが、
仕事ややらなければならないことは、先延ばしにすればするほど溜まっていく傾向にあります。

そうなると、後で自分が大変な目に合うのは分かっているはず。

 

「面倒くさい」とはいえ、なるべく早く取り掛かったほうが良いのです。

そんなときには、次の2つのことを意識してはいかがでしょうか。

[su_note note_color=”#ffffff”]

仕事ややるべきことを細分化してみる

とにかく手を付けてみる

[/su_note]

さらに、「簡単なことから」を大切にします

もう少し詳しくお話していきます。

[ad#ad-1]

面倒くさい仕事は
細かく区切って考える!

面倒くさい仕事は 細かく区切って考える!

仕事や、やらなければならないことを面倒くさく感じる裏には、

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • やり遂げるのが難しい気がする
  • 時間がかかる気がする
  • なにからやっていいかわからない

[/su_list]

そんな3つの心理があるはずです。

 

しかし、その仕事・やらなければならないことを細かく区切って考えるとどうでしょう。
案外すぐに取り掛かれそうで、短時間で済むものもあるはずです。

 

例えば上司に「この件に関する資料を作ってくれない?」という仕事を頼まれたとします。

ここで、

[char no=8 char=”男性腕組み左”]この件って言っても、ものすごい量だし何時までかかるんだろう。。。[/char]

と「面倒くさい」と思ってしまったら、残業決定です。

 

そうではなくて、「資料を作る」という仕事を細かく区切って

[su_note note_color=”#ffffff”]

  • 情報を集める
  • PCに入力する
  • プリントアウトする

[/su_note]

とします。

 

さらに

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • Aの情報を集める
  • Bの情報を集める
  • Cの情報を集める

[/su_list]

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • Aの情報をPCに入力する
  • Bの情報をPCに入力する
  • Cの情報をPCに入力する

[/su_list]

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • 最後にプリントアウトする

[/su_list]

というように、できるだけ細かく区切り、それぞれの仕事に時間を割り振っていきます。

 

そうすることで、大まかに仕事の全体像が見えるので、
スケジュールが組みやすくなり、なにから手をつけていいかわからないこともなくなります。

すると、「面倒くさい」という気持ちをやる気に変えることもできるのです。

[ad#ad-1]

面倒くさい仕事は
とにかく手を付けてみる!

面倒くさい仕事は とにかく手を付けてみる!

もうひとつ重要なことは、「とにかく手を付けてみる」という単純なことです。

 

「面倒くさい…」と思っていて、なかなか手を付けなかった仕事が、取り組んでみたら以外とあっさり終わってしまった。そんな経験はありませんか?

また、「これは難しい…」「自分には無理なのでは…」と躊躇していたのに、チャレンジしてみたら案外「行けるかも!?」と感じたことはありませんか?

 

結局、最初の一歩目が1番「面倒くさい」のであって、
そこからは自転車を漕ぐのと同じで小さな力でもグングン進んでいけることが多いのです。

 

とにかく手を付けると、仕事そのものに対する気分も上がってきます。この現象は、エミール・クレペリンという精神医学者が「作業興奮」と名付けていることも有名です。

 

つまり、「仕事・やるべきことを細分化して、とにかく手をつけてみる」
という法則が、「面倒くさい」気持ちに支配されないための知恵と言えるのです。

気合を入れる必要はなく、
些細なことから手を付けてみる!

ただし、ここで勘違いしてほしくないのは、
なにも最初の一歩を「気合を入れて踏み出さなくてはいけない」と言っているのではありません。

それだと、やっぱり面倒くさいな。。。と思うはずです。

 

最初に手をつけるのは、本当に些細なことで大丈夫。

先ほどの資料作成の話で言えば、

[su_list icon=”icon: check-circle”]

  • パソコンのソフトを立ち上げる
  • マウスを動かす
  • 資料をデスクにもってくる

[/su_list]

といった、体を動かす行為であれば、それで十分です。

その積み重ねが、仕事そのものに対する気分を上げてくれるので「面倒くさい」を解決できるはずです。

『この仕事面倒くさい…を
解決する2つの簡単な方法』まとめ

いかがでしたか?
この仕事面倒くさい…を解決する簡単な2つの方法をお話してきました。

[su_note note_color=”#ffffff”]

仕事ややるべきことを細分化してみる

とにかく手を付けてみる

[/su_note]

すぐに取り入れられて効果も高い方法なので、試してみてください。
面倒くさい気持ちと上手に付き合えるようになれば、幸せな毎日を送れるようになるはずです!