悩み

自分に厳しくしてたら人に優しくできなくなっていた…時の対処法

 

自分に厳しくしてたら人に優しくできなくなっていた…時の対処法

「人には優しく、自分には厳しく」と、よく言いますよね。

この考え方は、とても素晴らしいですし、そうありたいと思って実践していました。
自分に厳しくしていれば、周りの信用も得やすいです。

 

でも、自分に厳しすぎると、だんだん疲れてくることもあります。

 

「わたしは自分には全然厳しくない」という人でも、
もっと「いい自分」「できる自分」になろうと、
自分が得意ではないことに取り組んだり、我慢をして頑張ることってありますよね。

仕事などで、そうせざるを得えないこともあります。

 

もちろん、人が成長するためには、自分が得意でないことを我慢して頑張ることは大切だと思います。

 

でも、自分に厳しすぎると、時に心が疲れ果ててしまうことも。。。

 

そこで、一度辺りを見回してみると、
人に優しくできる知人は、自分にも優しい生活をしていることに気づきました。

その時、「人に優しく、自分にも優しく」それも出来るんだっけ。。。そう思ったのです。

 

もしも、あなたが最近「ちょっと心が疲れ気味。。。人に優しくできない。。。」
と思っているなら、まずは自分に優しくしてみてください。

そうすれば、自然に人にも優しくできます。

[ad#ad-1]

人に優しくできないときは、
自分にも優しくできていないとき

人に優しくできないときは、 自分にも優しくできていないとき

人の行動のスタンスは

[su_list icon=”icon: child”]

  • 他人にも厳しい、自分にも厳しい人
  • 他人には厳しい、自分にはあまい人

[/su_list]

などいろいろあります。

とくに意識していなくても、
自分はこれに当てはまるなーと思えるスタンスが、あるのではないでしょうか?

 

もし、管理人のわたしが心がけるなら

「人には優しく、自分にも優しく」

こんなスタンスでいいかも?と、最近は思っています。

 

普段、自分のことに精一杯な人は、
なかなか他人には優しくできないと思います。

 

しかしそんな人でも、「自分のことを肯定できたり、自分よくやった」と思えたときは、
周りにも優しく接することができた、そんな経験ってありませんか?

自分を認めることができて、自分いいじゃん!と心が許したときは、人のことを気にかける余裕が生まれたり、ちょっとした親切心が生まれるものです。

 

自分に対して優しい気持ちを抱いているときは、人や周りにも優しい気持ちを抱けます。

 

優しい気持ちになっている時の、なんともいえない「温かい気持ち」は、とても心地良いもの。
日々この気持ちを持って過ごせたら、もっともっと快適な毎日ですよね。

 

それを可能にするのは、「人にも自分にも優しい自分」を目指すことではないでしょうか。

心が疲れると人にも自分にも
優しくできなくなる

心が疲れると人にも自分にも 優しくできなくなる

「温かい気持ち」はすごく心地良いのに、わたしは、生活の中で知らず知らずにそれを忘れていきます。

 

生活が忙しく、「仕事では自分らしくいるより周りの評価を得なくてはならない」「好きな人とだけ付き合うわけにもいかない」。。。たくさん理由はありますが、

自分が得意でないことを続けていたり、我慢することを自分に課し続けていると、心が疲れてしまって、それを忘れてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

人は毎日、「体力」を使って仕事や家事、いろいろな活動をしています。
体が疲れるとグッたりするので、よく眠ったり、ご飯を食べたり、マッサージを受けたり、体力の回復に務めますよね。

「何をするにしても体は資本・大切」ということはみんな分かっています。

 

でも、これが「心」の力の話になると、
積極的にケアをしている人はまだまだ少ないかもしれません。

[ad#ad-1]

毎日、体力を使って活動しているように、心もパワーを使いながら活動してます。

とくに、自分が得意でないことに取り組んだり、我慢して頑張ると心のパワーをたくさん使います。

 

心のパワーが減ると、自分にも他人にも優しくなれなくなります。

 

自分に厳しい人は、心のパワーをたくさん使う人です。
そんなときは、「心のパワーを充電する時間を毎日必ず取り入れること」を意識しましょう。

 

誰でも、一定のストレスがたまると、無意識のうちに様々な行動や症状でそれを解消しているものです。

それが良い方向ではなく、悪い方向に出ると、過食だったり暴食、過度なお酒などに走ってしまいます。それでは、自分のためにならずマイナスです。

 

そうなる前に、日々の生活に「心のパワー充電タイム」を取り入れてみましょう!

心のパワー充電タイムを取り入れてみる

心のパワー充電タイムを取り入れてみる

「心のパワー充電タイム」がなにかというと、
「本当の自分」「1番心地よい自分」である時間を、1日に必ず取り入れるという簡単なことです。

 

例えば、本当は人前で話すことが苦手、1人が好きなのに、仕事で大勢の前でプレゼンしたり飲み会に参加しないといけない。。。そんな生活を送っているなら、「全く1人で過ごす時間」を意識的に1日の中に取り入れます。

例えば、1番心地良いのは海でのんびりすることなのに、仕事は人で溢れかえるショッピングモールの販売員。。。そんな生活なら、「静かな部屋で海の波の音を聞く時間」を意識的に1日の中に取り入れます。

 

休みの日は、心のパワーを充電するために、
自分が1番心地よいことをして過ごして、自分に優しくしましょう。

 

あなたも、朝の支度はこのくらい、ランチは1時間、テレビはこのくらい、睡眠はこれだけ、と自分の中で時間を割り当てて生活しているはずです。その習慣に沿って行動していますよね。

その習慣の中に「心のパワー充電タイム」を組み込むイメージです。

 

毎日無意識に睡眠時間を確保しているように、「心のパワー充電タイム」を確保することはとっても大切なことです。

 

そうすれば、「人に優しく、自分にも優しい」そんなライフスタイルを始められるはずです。
もしも、なんだか最近疲れ気味。。。という人は、試してみてください。