悩み

衣替えの季節に思わぬ物に再会する話

もうすっかり春なので、ようやく衣替えをしました。
ちょっと遅いかもしれませんが、衣替えってやるまでに気合が必要だと思いませんか?

洗濯にまわしたり、アウターをクリーニングに出したり、
夏物をクローゼットの奥から引っ張りだしたり、、、

結構時間もかかってしまいますよね。

 

ただ、衣替えをしていると、いろいろな発見もあって楽しかったりします。

  • 「こんなTシャツそういえば持ってたっけ」
  • 「そういえば、今シーズン一度も来なかったな、このセーター」
  • 「なぜ、この服は捨てずに取っておいたんだろう…」

など、面白みがないわけでもありません。

 

そんな、今回の衣替えのトピックスのひとつが「思わぬ再会」です。

 

私は、傘は折り畳み派でして、本降りのときも折り畳み傘でやり過ごす人です。
なので、折りたたみ傘には結構うるさいのですが、
折りたたみ傘には必須の「カバー」をよく無くしてしまうのです。

あれがないと、濡れたらかばんの中にしまうわけにもいかず、結構不便なのですが、
どういうわけかよく無くします。

 

今使っている折りたたみ傘は2本あって、1本目はカバーをなくしたので、
同じものを買いなおし、カバーを2本で共用して使っています。

カバーはなくても、本体はしっかりしているので、
さすがに捨ててしまうのも勿体無く、こんなことになってます。

 

それが、1年ぶりくらいになくしたはずの折りたたみ傘のカバーが出てきました。
コートのポケットに入ってシワシワになっていました。

これがかなり嬉しかったのか、テンションが上がり、
「よぉぉぉし!」とひとりでガッツポーズを決めてしまいました。

 

もうひとつ再会したのが、なくしたと思い込んでいたブレスレットです。
これもジーンズのポケットに入ったままになっていました。
だいぶ探しまくった記憶があるので、こんなところにあったのか、と力が抜けました。

このように、衣替えは無くしものと再会できる機会でもあるようです。
今度からは、ちゃんとポケットの中を確認してから仕舞うようにしようと思います。

そうすれば、ワンシーズン越さなくても、なにか見つかるかもしれません。
小物が消えたときは、ポケットの中をチェックしてから衣替えをしましょう。