彼女ができない

「彼女がいないのがコンプレックス…」劣等感を感じたときの対処法

この記事を読んでいるということは、

「彼女がいないのはなぜ。。。

そんなに俺ってダメ!?」

「すっかり恋愛コンプレックスかも、、、

彼女が全然できないし」

こんなふうに、彼女がいないことに強い劣等感を感じているのではないでしょうか?

 

ぼくも22歳まで彼女がいませんでした。なので、自分のことを悪く考えてしまう気持ちはとてもよ〜くわかります。

学生のときも、彼女がいないことがコンプレックスで逆に自分から女性を遠ざけたり、人間関係もうまくいかなかったりもしました。

劣等感って、結構厄介ですよね、、、

 

そこでこのページでは、彼女がいないことに劣等感を感じたときの対処法をお伝えしようと思います。

実は、恋愛に劣等感を感じているということは、悪いことばかりではないんです。

もしも興味があれば読んでみてくださいね(´ー `)

[ad#ad-1]

そもそも劣等感を感じる必要なし!?彼女がいない男性のほうが多い

ところで、どうして人は「劣等感」を感じるのでしょうか?

それは、シンプルに言えば、誰かと自分を比較するからです。

  • あの人と比べると、自分はモテない
  • 世間一般で考えれば、恋愛経験が少なすぎる

こんなふうに、比較対象があるから劣等感を感じてしまうんですね。

 

ということは、「誰かと自分を比べない」というのが劣等感を感じない方法と言えます。

、、、ただ、それってとっても難しいですよね。

 

なぜかというと、人間が自分の存在を知るには、相手の存在が必要ですし、

劣等感を感じるからこそ、「悔しい…なんとかしたい。。。」という感情が生まれて、人は成長できるからです。

 

誰かと自分を比べることは悪いことではありませんが、比較した結果をマイナスに考えてしまうと、劣等感やコンプレックスに悩まされることになってしまいます。

 

なのでまずは、気持ちを前向きにするために、「劣等感を感じるということは、そこに成長のチャンスがある」と考えてみてください。

[ad#ad-1]

彼女がいない男性は80%!本当に劣等感を感じる必要があるか考えてみる

そして、彼女がいないことへの劣等感に限っていえば、比較する対象が本当に正しいかどうかも考えてみるべきです。

 

  • 彼女がいないのは自分ぐらいなもの
  • この年で彼女なしはヤバイ…

もしもこんなふうに思っているなら、こんなデータを見てみてください。

これは、男性に対して現在恋人がいるかどうかを調べたデータですが、、、

【現在の恋人の有無の割合】

  • 恋人がいる 19.9%
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことはある)46.7%
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことがない)33.4%

参照データ元:ブライダル総研より一部抜粋 http://bridal-souken.net/data/ra/renaikan2014_release.pdf

このように、彼女がいない男性が圧倒的に多い結果になっているんです。

 

大多数の男性に彼女がいるなら、劣等感やコンプレックスを抱くのも仕方ありません。

でも、現実は逆です。

 

もちろん、だからといって彼女がいなくても良い!と言いたいわけではありませんが、少なくとも劣等感を抱く必要はないんじゃないでしょうか。

 

劣等感でいっぱいの男性よりも、前向きに恋愛をしようとしている男性のほうがモテるのは確実

まずは、劣等感を抱く必要はない!と割り切る決意をしましょう。

[ad#ad-1]

彼女がいないことに劣等感やコンプレックスを感じるなら自分に自信をつけてみる

彼女がなかなかできないと、劣等感やコンプレックスは大きくなるばかりですよね。

そんなときは、自分に自信をつける努力をするのがおすすめです。

 

恋愛に劣等感を感じる人の多くは、恋愛そのものはもちろんですが、自分に自信がなかったりします。

あなたには、自信がある特技や趣味、仕事などがありますか?

もしかしたら、自分のことを過小評価していませんか?

いずれにしても、劣等感を感じているなら、自分自身を見つめ直す良い機会です。

 

もちろん、完全に恋愛の劣等感やコンプレックスを消し去るには、彼女をつくるしかありません。

でも、自分に自信がもてるようになれば、

  1. 自分を肯定できるようになる
  2. 気持ちが前向きになりやすい
  3. 劣等感やコンプレックスが自然と和らぐ
  4. 恋愛もしやすくなる

こんな好循環が生まれやすいです。

 

恋愛は相手(女性)の気持ちがあってのことなので、いくら努力をしてがんばっても、報われないことがありますが、

特技や趣味、仕事などは、自分が努力してがんばった分だけ報われますよね。

劣等感やコンプレックスを感じているなら、自分に自信をつける努力をしてみましょう。

[ad#ad-1]

劣等感と向き合う!彼女ができないことにコンプレックスを抱くのは「それができるから」

最後の対処法は、彼女ができないことへの劣等感やコンプレックスときちんと向き合うことです。

きちんと向き合えば、劣等感やコンプレックスはプラスに働くからです。

 

実は、恋愛に限らず劣等感やコンプレックスを抱く背景には、

  • それは自分にもできる
  • それをどうしても叶えたい

という思いが秘められています。

 

例えばあなたは、人類ではじめて月面着陸を達成したニール・アームストロングと自分を比較したりしますか?

彼に劣等感やコンプレックスを抱いたりするでしょうか?

 

大半の人は「偉業を達成した人」と尊敬の念を抱くでしょうが、劣等感やコンプレックスを感じないはずです。

逆に、学校や職場でモテモテのイケメンがいたら、彼と自分を比較して、「なんで俺はモテないんだろう」と劣等感を感じますよね。

 

なにが言いたいかというと、、、

劣等感やコンプレックスを抱く範囲は、自分にも手が届く範囲であることが多いというわけです。

劣等感を感じるということは、あなたもそうなれる可能性が十分あることの裏返しなんです。

 

つまり、劣等感やコンプレックスを感じたものは、あなたの努力や行動しだいで手に入る可能性が高いんです。

 

彼女がほしいなら、先ほどお話ししたように自信をもつ努力をしてみたり、出会いのチャンスを広げる努力をしてみましょう。

大切なことは、劣等感やコンプレックスを前向きに捉えること。劣等感ときちんと向き合えば、彼女をつくる力になるはずですよ。

[ad#ad-1]