恋愛の悩み

「男だけの職場で出会いが無い!」それでもめげずに彼女を作る方法

「男だけの職場で出会いが無い!」それでもめげずに彼女を作る方法の画像
「男だけの職場で出会いが無い!」それでもめげずに彼女を作る方法の画像

出会いの場ダントツ1位は「職場」。男だけの職場はやっぱり不利!?

  • 職場が男だけで出会いが全くない…
  • 彼女がほしいけど勤務先はおばさんばかり…
  • 会社と家の往復で全然女性と知り合う機会がない…

「1人寂しい、彼女がほしい、真剣に付き合いたい、それなのに職場は男だけ…」これは悩みますよね。

 

世の男女は恋人とどこで出会っているのかというと、

【あなたはパートナーとどこで出会いましたか。】

  1. 職場 27.7%
  2. 友人の紹介 20.5%
  3. インターネット 9.2%
  4. 専門学校・大学・大学院 9.0%
  5. コンパ(街コン等含む) 7.2%

出典元:アイヴェルセル

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国23歳~39歳 既婚男女600名
  • 調査期間:2016年3月18日~3月23日

このように「職場」「ネット」「友人紹介」が3大出会いの場と言われています。

 

とくに、ダントツ1位は「職場」。

たぶん、一緒にいる時間が長いことや、仕事をしている姿に惹かれることが理由ではないかと勝手に想像するんですが、職場恋愛って、やっぱり強いんですよ。

 

なので、職場が男だけというのは、出会いという意味ではかなりハンデがあるのかもしれないんです。。。

 

でも、だからと言って彼女が作れないわけではありません。

今回は、そんな「職場は男だけでピンチ」という状況で出会いを引き寄せるにはどうしたらいいのかお届けしようと思います。

職場は男だけ…出会いがない!という人の共通点とは。

実は、「会社で出会いがない」「男ばかりの職場で恋愛対象がいない」という人の悩みを集めていて、ひとつ思ったことがあるんです。

それは、「出会いがないなー」と悩んでいる人の多くは、彼女がほしいと言っているわりには、彼女を作る”行動”ができていないんです。

 

どっちかと言えば、「女性がいない職場や会社じゃ、出会いなんてあるわけないし…」と環境のせいにしてとくになにもしていないという人が多かったんですね。

 

実は管理人も、彼女がいない時期に工場勤務をしていて、そこはスタッフの9割が男性、夜勤だったこともあって「こりゃ彼女は作れないな…」と最初から諦めていたことがあります。

でも、社会人になったら、自分で行動を起こさないと、男女の出会いは非常に少ないんですよ。

しかも、あっという間に時間は過ぎます。

 

なので、まずはマインド的に、

  • 受け身ではなく積極的に
  • 環境のせいにはしない

という気持ちに変えておくことが大切です。

 

とくに内気な人は、「そんなん言ってもすぐに変われるわけないし」と思うかもしれないですが、ほんの1ミリでもいいので、「自分から行動する」と努力してみてください。

女性に対しては、受け身よりも積極的に行動したほうが99%良いですから。

まずは身近なところから攻める。職場に男だけでも出会いのタネはある。

受け身よりも積極的に!と言いましたが、「いきなり街に繰り出して、ナンパ男になる」というのは現実的じゃありませんよね。(そういう人は、出会いに困ってないはずですし)

まずは、身近なところから攻めていくのがセオリーです。

 

そこで目をつけてほしいのが、やはり職場です。

仕事をしている人にとって、社会との接点が1番あるのは職場だからです。

 

「でも、男だけって言ってるじゃん…」と思うかもしれませんが、一見男だけで恋愛とは全く無縁の職場も、見方を変えれば「出会いのタネ」が埋まっているかもしれないんですよ。

 

それはなにかというと、ズバリ、「彼女や奥さんがいる同僚や先輩、上司と親しくなる」ということです。

 

どういうことかというと、例えば彼女持ちの先輩とランチに出かけ、、、

「いいですね、良い彼女さんがいてー。

羨ましいです。」

「○○は彼女どのくらいいないの?

ほしくないの?」

「1年くらいですかね。。。

ほしいですけど、職場は男だけだし、全然出会いがなくて…

誰かいい人いませんかね?」

「そっかー。

そういえば、オレの彼女の後輩が彼氏募集中だ、とか言ってたような気がするな。

今度聞いてみてやるよ。」

「本当ですか!?嬉しいっす!」

と、もしかしたらこんな展開になるかもしれません。

 

ここまですんなりいくかはわからないですが、友人や知人の紹介がきっかけで付き合っている人ってかなり多いです。

なので、恋愛や結婚をして満たされている同僚や先輩、上司とは仲良くするのが、男だけの職場での貴重なチャンス。

職場は男だけかもしれませんが、彼らの交友関係には必ず女性がいることを頭に入れて、積極的にいきましょう。

男だけの職場で出会いは難しいならインターネットを賢く活用する

さてここで、先ほども紹介した3大出会いの場を思い出してほしいのですが…

【あなたはパートナーとどこで出会いましたか。】

  1. 職場 27.7%
  2. 友人の紹介 20.5%
  3. インターネット 9.2%
  4. 専門学校・大学・大学院 9.0%
  5. コンパ(街コン等含む) 7.2%

出典元:アイヴェルセル

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国23歳~39歳 既婚男女600名
  • 調査期間:2016年3月18日~3月23日

職場が頭一つ飛び抜けてはいますが、学校や合コンなどのリアルな出会いよりも、インターネットで出会う人が増えていると言われていることにも注目したほうが良いです。

 

なぜかというと、社会人になると、職場以外の出会いは、合コンや街コンなんかに行くことになります。

ただ、これが結構、労力とお金がかかるわりには交際に発展しないことが多いんですよね、経験上。

 

これってなぜなのかなと考えてみると、合コンなんかは、

  • 会うまで相手のことがわからないので不安
  • みんなによく思われようとしすぎて墓穴を掘る
  • 比較されて「あの人よりはこの人かな」のあの人になってしまう

など、結構ハードルが高いんですよね。イベント系ってだいたいそうじゃないでしょうか。

とくに内気な人には難しいんじゃないかと思うわけです。

 

それよりは、いわゆる恋活系のサービスを使って、まずはオンラインで相手のプロフィールを見て、「この人だったら合いそう」とコツコツやったほうが現実的だったりします。

有名どころだと、

  • omiai
  • pairs

とかですかね。

でも、利用したことがない人にとっては、「なんだか怪しい」「サクラがいて結局出会えないんじゃないの?」と思うかもしれないですが、メジャーどころは運営会社はしっかりしていますし、とくにpairsは真剣に恋活してる人が多いと思います。

Facebookアカウントがあれば、登録は無料でできる(閲覧は無料、男性は)ので、やってみる価値はありますよ。

 

職場が男だけで出会いがない!と嘆いていても、なにもはじまりません。

身近なところから攻めるもよし、pairsのようなサービスを使うのも全然アリだと思いますが、まずは行動してみてください。

そうすれば、どこかで出会うチャンスがあるはずです。