恋愛のコツ

『年下女性と付き合いたい!』出会いのコツとデートで仲良くなる方法

『年下女性と付き合いたい!』出会いのコツとデートで仲良くなる方法の画像

年下女性と付き合いたいあなたへ

年下女性と付き合いたい。。。

でも、どうやって出会ったらいいんだろう

このようにお悩みではありませんか?

いろいろな意味で魅力的な「年下女性」。付き合うなら、年下のかわいい子をゲットしたい!と思っている男性は多いんじゃないでしょうか。

 

年下・年上どっちが魅力的かを聞いたアンケートを見ても、年下女性を選ぶ男性は、

  • 25〜29歳は29.03%
  • 30〜34歳は46.39%
  • 35〜39歳は59.55%

引用元:一部抜粋して掲載 恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」調べ http://www.pairs.lv/

このように年齢があがるにつれてグングン上昇。やっぱり男性は、いつになっても若い女性が好きなんです(笑)

そこでこのページでは、

  • 年下女性と付き合うために意識したいこと・出会い方
  • 年下女性とデートで仲良くなる方法

をまとめてお伝えします。参考にしてかわいい年下女性を彼女にしてください!

年下女性と付き合うなら年上ならではの余裕を見せろ!心がけたい男の余裕3つ

まずはじめに、年下女性と付き合いたい男性に朗報があります。

それは、年上男性は年下女性から圧倒的にモテるということです。

 

先ほどの年下・年上どっちが魅力的かを聞いたアンケートの女性版を見ると、年上男性を選ぶ女性は、

  • 18〜24歳は69.82%
  • 25〜29歳は55.16%
  • 30〜34歳は35.69%

引用元:一部抜粋して掲載 恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」調べ http://www.pairs.lv/

このように、かなり高い割合になっています。とくに、18歳から29歳までの女性は、半数を超える女性が年上男性に魅力を感じると回答しているんです。

年下の女性は「年上の男性」に魅力を感じやすいと言えるので、付き合うチャンスはたくさんあるんですよ。

 

ただし、ここからが大事な話で、、、年下女性が年上男性を好むのはなぜだと思いますか?

それは、年上ならではの魅力があるからです。

その魅力はなにかというと、「年上ならではの余裕」です。

 

つまり、年下女性が感じる魅力(年上の余裕)を備えていなければ、いくら年上でもモテませんし出会いがないかもしれないんです。。。

というわけでここからは、絶対に身につけたい「年下女性が魅力を感じる3つの余裕」を見ていきましょう。

『経済力がある男性』に年下女性は魅力を感じる

年下女性と付き合うなら経済力の余裕は欠かせません。女性のお財布くんになる必要はないですが、年上らしい経済力を見せることが必要です。

おすすめしたいのは、

  • 上質なファッションを心がける
  • アクセサリー類に気を配っていいものを身につける
  • 女性とご飯に行くならワンランク上のレストラン

など。年下女性からの印象がよくなるはずです。

 

「ケチな人」「お金にうるさい人」と思われたら、なんのメリットもありません。女性はケチな男が大嫌いです。

もしも食事などで割り勘することになったときも、少し多めに払うなどすれば好印象ですよ。

『包容力がある男性』に年下女性は魅力を感じる

年上男性がモテる理由は、

  • 守ってもらえそう
  • 一緒にいて安心できる
  • 頼りがいがありそう

など、包容力の高さにあります。

基本的に女性は受け身なので、「男性に頼りたい」「安心感を得たい」という気持ちが強いです。年下女性はとくにその傾向が強いことはしっかり頭に入れておきましょう。

逆に言えば、包容力アピール(さりげない程度の)は、年下女性と付き合うための強力な武器。女性から「◯◯さん、頼りになるな」と思われるように日々精進あるのみです。

『豊富な知識・経験がある男性』に年下女性は魅力を感じる

年下女性の好意を得たいなら、年下が知らないような知識、やったことがない経験をアピールすべきです。

自分が知らないこと、未経験のことをしている年上男性は、年下女性にとって大きな魅力です。

とくに、共通の趣味の話や仕事で躓いた経験などは、知識や経験が深ければ深いほど女性には魅力的に映るはずです。

 

また、単純に一般教養の知識が豊富でも、わりと「すごい!」と思ってもらえたりします。(難しい漢字を知っていたり、計算が速いとかですね)

なので、年下女性の前では、嫌味にならない程度に、これまで蓄積してきた知識や経験を披露するのがおすすめです。

試さなきゃ損!年下女性と出会うチャンスがグングン上がる2つの方法

では、年下女性と付き合うにはどうしたらいいのでしょうか。

結論から言えば、年下女性と出会うチャンスをたくさん作るのがセオリーです。

出会うチャンスが増えれば、あなたに魅力を感じる年下女性が現れる可能性は増えますし、アプローチもしやすくなるからです(当然と言われれば当然ですが)。

 

そして、年下女性と出会うチャンスを増やすには、次の2つの方法がおすすめです。

  • 年下の人間関係を広げる
  • マッチングアプリを使う

詳しく見ていきましょう。

年下の人間関係を広げると年下女性と仲良くなる可能性は飛躍的にあがる

まずは、あまり年下女性と付き合うことは考えずに、とにかく年下の人間関係を広げましょう。

あなたもきっと、職場や今の人間関係のなかで、後輩や年下の男女となにかしらの接点があるはずです。

後輩社員をかわいがって仲良くなったり、年下の知り合いや友達がいるなら積極的に飲みにいったり遊びにいきましょう。

年下の男性でもかまわないので、とにかく年下の人間関係を広げることが大切です。

 

お気づきかもしれませんが、人間関係は、力を入れている関係はどんどん広がっていきますが、そうじゃない関係は希薄になります。

つまり、年上とつるんでいると、まわりは年上ばかりになりますし、同い年と会う機会が多いと同い年が集まってきます。

なので、年下女性と付き合うなら、年下の人間関係にフォーカスしましょう。

そして、「出会いを探している」ということもさり気なくアピールしておくといいですね。

地道なようですが、年下女性と仲良くなる可能性をあげる確実な方法です。

マッチング系アプリを使えば年下女性との出会いは驚くほどスムーズ

もう一つの方法は、今は抵抗なく使っている女性が多い「恋活サービス」を利用して年下女性を狙い撃ちする方法です。

いわゆる「マッチングアプリ」「マッチングサイト」ですね。

 

恋活サービスのほとんどは、プロフィール検索ができるので、何の苦労もなく年下女性にアプローチができます。

しかも、マッチングサービスを使っている女性は彼氏がほしいわけで、付き合える確率も高くなります。

 

最初にお話しした年下の人間関係を広げる方法は、出会いのチャンスは確実に上がりますが、ハッキリ言えば即効性はありません。

なので、年下の人間関係を広げつつもマッチングアプリを使って、賢く年下女性との出会いを探すといいですよ。

年下女性と出会う前に押さえておきたいデートで仲良くなるコツ

最後に、年下女性と出会ってからのことについてお話しします。

年下女性と出会う前に頭に入れておきたいのが、「デートで仲良くなるためのコツ」。常にデートに誘う準備を万端にしておきましょう!

5つのコツをまとめたので見ていきましょう。

意識しすぎはNG!気軽に誘う

先ほども話しましたが、年下女性と付き合う上で大切なのは「余裕」です。

デートに誘うときは、こちらが緊張したり、ガツガツしていると、「余裕のない男だな」と思われてしまいます。

あまり気負うことなく、さりげなく気軽に女性を誘うようにしましょう。

たとえば、女性の好きな食べ物を聞き出した流れで、

  • 「美味しい店を知ってるから一緒に行こうよ」
  • 「そういえばおしゃれなカフェがオープンしたから行ってみない?」

というように自然にアプローチすると余裕を醸し出せます。

当然ですが、デートで使う店は日頃から下調べしておきましょうね。

清潔感と小物に気を配る

年下女性と仲良くなりたいなら、デート時の見た目の印象はいつも以上に気を配ったほうが良いです。

とくに年下女性は、相手の外見を細かくチェックしています。理想は、「同い年男性より大人のオシャレができている状態」です。

 

また、ぼくが感じるのは、

  • 清潔感は徹底したほうがいい
  • 小物類は良いもの・おしゃれなものを見に付けたほうがいい

ということ。

清潔感は基本中の基本ですが、男性はおろそかになりやすいので再度チェックしてください。そして、アクセサリー類や時計などの小物類に気を使っていると、女性に「おしゃれだな」と思われる確率が高いです。

やりすぎは厳禁ですが、ぜひ意識してみてくださいね。

デートはおごってあげる

これも先ほどお話ししましたが、年下女性に「ケチ」「お金に細かい」と思われるのはマイナスです。

なので、最初のうちはデート代は出してあげたほうが絶対に好印象です。わかりやすい形で「年上男性と付き合う優越感」を与えるのがコツです。

 

ただ、あまり高額になると、「なにか見返りを求められるかも」と女性を警戒させてしまうので注意は必要です。

例えば、「今日は付き合ってくれたからそのお礼。気にしないで!」というような感じで、すでに貸し借りはない、ということを伝えれば安心しますよ。

ときには聞き役にまわる

年下女性を相手にすると、どうしても男性側が話の主導権を握ってしまいがちになります。

話題を準備しておくことは大切ですし、会話を盛り上げる努力も必要です。

しかし、ときには聞き役にまわる余裕があったほうが、好印象を与える確率は高いです。

 

どうしてかというと、基本的に女性は、付き合う(付き合うかもしれない)男性に対して、

  • 「私の話を聞いてほしい」
  • 「私を理解してほしい」

つまり、自分を受け入れてほしいと願っているからです。

相手が大人しい女性か話し好きの女性かにもよりますが、3割話したら7割は聞くぐらいの気持ちでデートに臨むといいですよ。

安心感が高い昼間のデートがおすすめ

年下女性とはじめてデートに行くなら、昼ごはんを目的にしたカフェデートがおすすめです。

なぜかというと、

  • デートに誘いやすい
  • 女性はお昼に会ったほうが安心

と言えるからです。

別にいきなり映画やドライブ、ディナーに行っても良いのですが、年下女性を誘い出すハードルとしては結構高いですよね。

でも、カジュアルなカフェやレストランなど、ランチに誘い出すのは割と簡単です。女性の好物を聞いて下調べをしておけば、会話の流れで誘いやすいからです。

 

また、年下女性としても「お昼ご飯だけなら行こうかな」と思ったり、「早めに帰れそうだから安心」と、心に余裕が生まれます。

最初の一歩は、お互い安心感が高いお昼のカフェデートがおすすめですよ。